閉じる

FiberOptic 7010

グラス光ファイバー(GOF)切断装置

概要

概要

低価格なFiberOptic 7010は、グラス光ファイバーケーブルのケブラーを残り長さ3~60 mmの間で高精度カット&除去することのできる装置です。

  • ローコストで経済的
  • 精密カット
  • 軽量
  • 簡単なハンドリング

適用範囲

アプリケーション

FiberOptic 7010 ケブラーカット装置は光ファイバーケーブルのケブラーファイバーを取り除く装置です。ハサミなどの一般工具では、テンションメンバのケブラーを切断するの は困難であり、正確に切ることができません。特許取得済みシステムがケブラーを引き離し、カッター ヘッドへ引き寄せ、切断します。切り離されたケブラーは、マイクロフィルター付きのバキュームシステムにより処理されるため、繊維を吸い込む恐れはありま せん。 組み込まれたバキュームシステムが、ケブラーを光芯線から離し、カッターヘッドへ配置し す。ケブラーはカッターヘッドとアンビル間に置かれ、数回のカッティングストロークにより切断されます。材質により、ストローク数を調節することができま す。

素材

  • GOF (ガラス光ファイバ)
  • ケブラー
  • ケブラー繊維
  • バッファード光ファイバ

技術資料

最大外径

Maximum 4.5 mm (0.18“)

サイクル時間

Minimum 3 s (depending on the quantity of stroke)

電源供給

100/115/230 VAC, 50/60 Hz, 1000 VA (vacuum system)

空気供給

0.5 - 0.7 MPa (75 - 105 psi)
Consumption 0.12 I/stroke (0.01 ft3/stroke)

サイズ (L x W x H)

Cutting machine: 600 x 75 x 130 mm (23.6” x 3.0” x 5.1”)
Vacuum system: Ø 200 x 500 mm (Ø 7.87“ x 19.69“)

重量

Cutting machine: 3.0 kg (6.6 lbs.)
Vacuum system: 6.5 kg (14.4 lbs.)

CE 適合性

The FiberOptic 7010 fully complies with all CE and EMC equipment guidelines relative to mechanical and electrical safety and electromagnetic compatibility.

さらに見る

FiberOptic 7010の設定

  • ストッパーを調整し、残ケブラーファイバーの切断長さを設定 
  • カッターブレードとアンビルの距離を設定(バッファーファイバーの長さによる)

ケブラー切断工程

  •  ケーブルをストッパーまで挿入する
  • フットペダルを半分踏む(バキュームシステム起動) 
  • フットペダルを最後まで踏む(切断)
  • 必要であれば、何回かペダルを踏む 
  • フットペダルを解除すると、バキュームシステムも自動的にオフになる

アプリケーション

ケブラーのテンションメンバ入りのあらゆるケーブルを加工