閉じる

法的情報およびプライバシー宣言

シュロニガー - プライバシー宣言

2018年4月13日版

本プライバシー宣言は、他のデータ保護方針によりカバーされていない限り、または状況から明白であるか、適用法により規定されている限り、シュロニガーの会社およびその関連会社(総称してシュロニガーという)による個人データの収集およびさらなる処理について規定する。個人データという用語は、識別された、または識別されうる者に関するすべての情報を含むものとします。
本プライバシー宣言は、セクションIにおいて、一般に、シュロニガーによる個人データの処理について規定するものです。セクションIIは、特殊利用(たとえば、オンラインショップ、顧客プログラム、顧客サービス、ニュースレター等)のための具体的規定を含みます。

 

一般規定

1. 管理者、データ保護責任者


シュロニガーのすべてのウェブサイト(オンラインショップおよび特価提供のためのミニサイトを含む)、ソーシャルメディア、マルチメディア・ポータル、チャットボット上のすべてのプレゼンスおよびすべてのアプリ(それぞれをウェブサイトという)は、EU一般データ保護規則 (GDPR) (または適用されるデータ保護法に基づく同等の規定)に従い、個人データ収集に関してシュロニガー内に管理者を有します。(インプリント、利用規約等に従い)ウェブサイト上または下記のセクションIIに基づき別段の定めがない限り、シュロニガーは管理者です。
それぞれの子会社または関連会社は、シュロニガーが他の通信手段(電子メール、書簡、電話、対面等)を通じて通信する場合、管理者であり、通信は、シュロニガーが本プライバシー宣言内またはその他で特別管理者を指名した活動の範囲内ではありません。
シュロニガーの会社または関連会社が受領会社または関連会社の特定の目的のためにシュロニガーの他の会社または関連会社に個人データを開示する場合、当該会社または関連会社は、GDPR第4条 (7) に従い、管理者となります。シュロニガーの会社および関連会社の総合リストは、こちらで見つけることがでできます。
シュロニガーは、GDPR第37条に従い、ドイツ国内のシュロニガーの会社および関連会社 (シュロニガー GmbH; DiIT GmbH; シュロニガー Test Automation GmbH; adaptronic Prüftechnik GmbH (datenschutz@adaptronic.de)): datenschutz.de@schleuniger.comを除き、データ保護責任者を指名していない。さらに、シュロニガー(すべての会社および関連会社)におけるデータ保護に関する問い合わせ、苦情および懸念事項は、セクションIIに特定の連絡先が記載されていない場合、下記の担当者に連絡することができます。dataprotection@schleuniger.com
EUまたはEEA域内に拠点を持たないシュロニガーの会社および関連会社の代理人(GDPR第27条)は、それぞれ シュロニガー GmbH, Raiffeisenstrasse 14, 42477 Radevormwald, Germanyです。


2. 個人データの処理


シュロニガーは、下記の個人データを収集し、処理します。

  • シュロニガーへの登録の有無を問わないウェブサイトの訪問者
  • シュロニガーの製品および製品の部品のサプライヤー、小売業者、ベンダーおよびプロバイダーの担当者および従業員
  • シュロニガーそれぞれの製品およびサービス(保証、修理およびメンテナンスサービスを含む)の顧客、バイヤー、受領者および受益者または潜在顧客、その担当者および従業員またはスタッフ
  • ビジネスパートナーおよび関連会社、人材プロバイダーおよび人材紹介会社(および仲介された従業員または労働者)およびさらに商業的・経済的パートナーの担当者および従業員
  • シュロニガーのニュースレターの受信者
  • シュロニガーが行うリサーチ活動および世論調査の参加者
  • シュロニガーが主催する講座、セミナーおよび他のトレーニングの参加者
  • シュロニガーの店舗、展示会、営業所および他の場所で提供されるWIFIの利用者


 (ビジネスパートナー全体として)
ビジネスパートナーの個人データは、通常、シュロニガーまたはシュロニガーの小売業者のウェブサイトの利用中、店舗およびイベントにおいて、または電子メール、電話または他の方法による直接的な通信中にそれぞれ直接的に収集されます。
ただし、個人データは、とりわけ、ビジネスパートナーが商業活動から恩恵を受ける者と一致していない商業活動に従事する場合、購入品が異なる者に発送される場合(たとえば、贈り物等)、第三者の推奨に基づく場合(たとえば、ビジネスパートナーの友人および知人による推奨)または第三者のデータソース(たとえば、ソーシャルメディア、アドレスブローカー)からの補足情報のさらなる取得を通じての場合、間接的に収集されることもあります。
とりわけ、下記の個人データのカテゴリーは、シュロニガーが処理します。

 

  • 氏名、住所、居住地、電話番号、電子メールアドレス、年齢、生年月日、性別、配偶者の有無、親族、緊急時の連絡先 、写真、会社内の職務に関する情報、本データ主体との取引関係に関する情報、商取引に関する情報、問い合わせ、提供、規定および契約、業務に関する報告書またはデータ主体の他の利益等を含むが、それに限定されない個人データおよび連絡先
  • 支払い情報、クレジットカードの詳細および他の支払い詳細、請求書送付先および配送先住所、注文・購入および配送・販売された製品およびサービス、問い合わせに関連する情報、製品およびサービスに関する苦情および論争または保証請求、解除および紛争等の締結されたそれぞれの契約、シュロニガーによりブラックリストに載せられたビジネスパートナーに関する情報等を含むが、それに限定されない注文・購入および配送・販売に関するデータ
  • ニュースレターの受信、ニュースレターのオプトインおよびオプトアウト、受信されるドキュメント、イベントおよび特別活動への招待および参加(顧客ロイヤルティ プログラムの一部でない限り)、個人の選好および関心等のマーケティング活動に関する情報を含むが、それに限定されない製品およびサービスのマーケティングに関連するデータ
  • 個人データが収集されるIPアドレスおよび他の識別子(たとえば、ソーシャルメディアのユーザー名、スマートフォンまたはコンピューターのMACアドレス、Cookie)、ウェブビーコン、ピクセルタグ、ログファイル、ローカル・シェアード・オブジェクト(FlashCookie)または他の技術、ウェブサイトの訪問日時、訪問されたサイトおよびコンテンツ、参照ウェブサイト等を含むが、それに限定されないウェブサイトの利用に関するデータ
  • 好まれる通信手段、通信言語およびシュロニガーとの通信(通信の記録を含む)等の通信に関連するデータ

 

 (ビジネスパートナーのデータ全体として)

3. 処理の目的および法的根拠 


適用法に従い、シュロニガーは、下記の目的を含むものの、それに限定されないビジネスパートナーのデータを処理することができます。

 

  • 提供される製品およびサービスに関連した契約の締結(すなわち、製品およびサービスの売買)、契約の締結(すなわち、購入供給契約ならびに顧客プログラムおよびイベントの参加に関する契約)、ビジネスパートナー関係の維持および構築、通信、顧客サービスおよびサポート(すなわち、注文および問い合わせ)、マーケティング、販売促進および広告活動(ニュースレターおよび販売促進資料の郵送を含む)
  • ウェブサイトのユーザーおよび訪問者ならびにビジネスパートナーが参加する他の活動の管理、ウェブサイトの運営および強化(識別子または他の個人データを必要とする機能の提供を含む)およびさらなるITシステム、本人確認 
  • 品質管理、市場調査、製品およびサービスの改良、統計、予算、記録、報告書の作成および経営情報ならびに会社経営および会社の発展のためのシュロニガーのビジネスパートナー、取引および活動、提案および他の商業的側面に関するさらなる報告書、製品およびサービスの選択、活動およびプロジェクト管理
  • ビジネスパートナー、従業員および他の個人の保護ならびにシュロニガーの、またシュロニガーに委託されたデータ、秘密および資産の保護、シュロニガーのシステムおよび施設の安全
  • 法的・規制要件およびシュロニガーの内規の遵守、法的権利および請求の執行および利用、法的請求、訴訟、苦情に対する防御、迷惑行為との係争、法的な捜査および手続きへの関与ならびに公的機関の問い合わせへの回答
  • 事業部、会社または会社の一部の売却または買収および他の企業取引ならびにそれに関連するビジネスパートナーのデータの移転
  • 法的義務が処理を要求し、当該処理が状況から明白であり、または収集時に示唆される限り、他の目的

(ビジネスパートナーのデータ処理の目的全体として)

シュロニガーは、下記の法的根拠に基づき、ビジネスパートナーのデータ処理のためにビジネスパートナーのデータを使用します。

  • 契約の履行
  • シュロニガーによる法的義務の遵守 
  • ビジネスパートナーの同意(処理が特定の問い合わせに基づき、かついつでも撤回することができる限り。すなわち、顧客が登録したニュースレターの受信)
  • 下記を含むが、それに限定されないシュロニガーの正当な利益
  • 直接的な契約パートナーではない個人(たとえば、贈答品を受け取る個人等)にも関連する製品およびサービスの購入および発送
  • 広告およびマーケティング活動の実施
  • 効率的および効果的な顧客サポート、契約の処理外のビジネスパートナーとの契約および他の通信の維持
  • 顧客の行動、活動、懸念事項およびニーズの理解、市場調査 
  • 効率的および効果的な既存の製品およびサービスの改良ならびに新製品およびサービスの開発
  • 効率的および効果的なビジネスパートナー、従業員および他の個人の保護ならびにシュロニガーの、またはシュロニガーに委託されたデータ、秘密および資産の保護、シュロニガーのシステムおよび施設の安全
  • ウェブサイトおよび他のITシステムの安全、効率的および効果的な運営ならびに成功するさらなる開発を含む、安全、効率的および効果的な事業運営の維持
  • 合理的なコーポレート・ガバナンスおよび開発
  • 事業部、会社または会社の一部の成功裏な売却および買収ならびに他の企業取引
  • 法的・規制要件およびシュロニガーの内規の遵守
  • 詐欺、違反および犯罪の防止ならびにかかる違反および他の不適切な行為に関連する捜査に関する懸念、シュロニガーに対する請求および訴訟への対処、起訴、訴訟の行使および防御だけでなく訴訟手続きおよび公的機関への協力

適用されるデータ保護法に従い、シュロニガーは、ウェブサイトの維持および開発(識別子または他の個人データを必要とする機能の提供を含む)、ウェブサイトの利用に関する統計分析、迷惑行為との闘い、法的捜査または手続きならびに公的機関の問い合わせへの回答のために訪問者のデータを処理することができます。訪問者のデータは、上記のビジネスパートナーのデータのために規定する原則に従って処理されるものとします。


適用されるデータ保護法に従い、シュロニガーは、パートナーとの契約および他の取引関係の締結および履行、販売促進、広告およびマーケティング、販売手段、通信、パートナーのためのイベントへの招待および販売促進への参加、共同活動の組織化、法的・規制要件およびシュロニガーの内規の遵守、法的権利および請求の執行および利用、法的請求、訴訟、苦情に対する防御、迷惑行為との闘い、法的な捜査および手続きへの関与ならびに公的機関の問い合わせへの回答、事業部、会社または会社の一部の売却または買収および他の企業取引ならびにパートナーのデータの関連する移転のためにパートナーのデータを処理することができる。パートナーのデータは、上記のビジネスパートナーのデータのために規定する原則に従って処理されるものとします。
処理のすべての目的は、すべてのシュロニガー、すなわち、個人データを最初に収集した会社だけではなく適用されるものとします。ビジネスパートナーの個人データは、すべてのシュロニガーの会社のために収集されます。

4. データの開示およびデータの海外移転

適用されるデータ保護法に従い、シュロニガーは、シュロニガーまたは自己のためにデータ処理の目的に従って個人データを処理する下記のカテゴリーの第三者にビジネスパートナーのデータ、訪問者のデータおよびパートナーのデータを開示することができます。

  • 処理者を含むサービスプロバイダー(シュロニガー内部および外部、すなわち、サポートおよびサービス)
  • ディーラー、サプライヤーおよび他のビジネスパートナー
  • シュロニガーの製品およびサービスの顧客および消費者
  • 現地、国内および海外当局
  • メディアならびに個人記者およびジャーナリスト
  • シュロニガーのウェブサイトおよびソーシャルメディアの訪問者を含む公衆
  • 産業団体、協会、組織および他の委員会
  • 競合他社
  • シュロニガーの事業部、会社または他の一部の獲得者または獲得に関心がある当事者
  • 潜在的または実際の訴訟手続きにおける他方当事者
  • シュロニガーの他の会社


(第三者全体として)
シュロニガーは、シュロニガー内部ならびにシュロニガーが会社、関連会社または他の事務所および代理人により代表されるすべての国を含む全世界のすべての国の第三者ならびにシュロニガーのサービスプロバイダーがデータを処理する国にビジネスパートナーのデータ、訪問者のデータおよびパートナーのデータを開示することができます。データが適切な保護を保証していない国に開示される場合、シュロニガーは、適切な契約上の保証を整備することにより、すなわち、EUの標準条項、拘束的企業準則に基づきビジネスパートナー、訪問者またはパートナーにより開示されたデータの適切な保護を確保するものとし、または移転を同意の例外、契約の締結または履行、法的請求の決定、行使または執行、公益に優先することを根拠とし、またはこれらの個人の完全性を保護するためにデータを開示する。ビジネスパートナー、訪問者またはパートナーは、上記に名前を挙げられた担当者から契約上の保証のコピーを取得することができ、または当該コピーの取得先を知らされるものとします。シュロニガーは、データ保護または秘密保持のために当該コピーを改訂する権利を留保します。 

5. データの保存

規則として、シュロニガーは、より長い法令上の保存義務が個々の場合に応じて適用されない限り、契約関係が継続している限り、また、契約関係の終了後10年間、契約に関連するビジネスパートナーのデータおよびパートナーのデータを保持します。例外が適用法に基づき適切であり、またはデータの削除が早期に要求されるために証明の理由または他の有効な理由を要します。(すなわち、データがもはや必要ではないか、シュロニガーがそれぞれのデータを削除することを要求されたため)  
規則として、より短い保存期間は、ビジネスパートナーのデータ、訪問者のデータおよびパートナーのデータ(たとえば、プロトコル、ログ)を含む運用データに適用されます。
通信を含む業務記録は、シュロニガーがそれらに利益を有する限り(すなわち、請求、特定の法的もしくは他の要件の遵守の文書化の場合には証明の理由における利益または個人を特定しない分析における利益)、または保持する義務を負っている限り(契約、法律または他の規定により)保持されるものとする。法的義務の逸脱は、匿名化または仮名化に関して留保されます。

6. Cookie、Googleアナリティクスおよびソーシャルプラグイン

シュロニガーは、ウェブサイト上でCookieを使用しています。Cookieは、要請に応じてユーザーが保存し、表示するウェブサイトのユーザーのブラウザに識別子を割り当てる一般的な技術です。一方では、シュロニガーは、ユーザーがウェブサイトを閉じるときに自動的に消去され、ユーザーがウェブサイトを閲覧している限りサーバーがユーザーへの安定した接続を確立することができるセッションCookieを使用します。他方では、永続的Cookieは、ウェブサイトが利用されるごとに規定される期間後に消去されます。永続的Cookieは、複数のセッションのための特定の設定(たとえば、言語)の保存を可能にし、または自動ログインを可能にするものです。ユーザーは、ウェブサイトを利用することにより、永続的Cookieおよびそれぞれの機能(たとえば、言語設定および自動ログイン)の適用に同意するものとします。ユーザーは、自己のブラウザにおけるCookieの適用をブロックし、またはウェブサイトの利用を妨げる可能性のあるCookieを削除することができます。


適用法に従い、シュロニガーは、受信者が電子メールまたは電子メールに含まれるダウンロード画像を開封したかどうか確認することを可能にするコーディングをニュースレターおよび他のマーケティング電子メールにインストールすることができます。ただし、受信者は、自己の電子メールアプリケーションにおけるこの適用をブロックすることができます。いずれの場合においても、受信者は、ニュースレターまたは他のマーケティングに関連する電子メールを受信することにより、当該技術の適用に同意するものとします。

シュロニガーがウェブサイト(たとえば、バナー)に第三者の広告を掲載し、または第三者のウェブサイトに自己の広告を掲載することを意図する場合、当該広告の使用に特化した会社からのCookieが用いられることがあります。シュロニガーは、個人データを当該会社に開示しないものとします。すなわち、当該会社は、ユーザーを認識するためだけにウェブサイトのユーザーに永続的Cookieを使用し、シュロニガーの単独の利益のためにそうするものとします。これにより、シュロニガーは、外部(第三者)ウェブサイト上にこれらの個人を対象とした広告(たとえば、これらの個人がオンラインショップで興味を示した製品に関連する)を掲載することができます。シュロニガーは、個人データを外部ウェブサイトの運営者にも開示しないものとします。

シュロニガーは、そのウェブサイトでGoogleアナリティクスまたは類似のサービスを使用することができます。これらのアプリケーションは、シュロニガーがそのウェブサイトの利用を計測し、分析することを可能にする第三者のサービスです。これらのサービスのプロバイダーは、世界中のあらゆる国に所在する可能性があります。(Google Inc.が運営するGoogleアナリティクスの場合には米国、www.google.com)サービスプロバイダーは、これらのアプリケーションのために永続的Cookieを使用します。シュロニガーは、個人データをサービスプロバイダー(IPアドレスを保存もしない)に開示しないものとします。ただし、サービスプロバイダーは、ユーザーによるウェブサイトの利用を監視し、当該データをユーザーが訪問した当該サービスプロバイダーが監視する他のウェブサイトからのデータと組み合わせることができ、サービスプロバイダーは、これらの結果を自己の利益(たとえば、広告の管理)のために利用することができます。サービスプロバイダーは、サービスプロバイダーに登録したユーザーの身元を知っています。この場合、個人データの処理は、サービスプロバイダーの責任とし、データは、サービスプロバイダーのデータ保護方針に従って処理されるものとします。サービスプロバイダーは、ウェブサイトの利用に関するデータをシュロニガーに提供するものとします。


さらに、シュロニガーは、そのウェブサイト上でFacebook、Twitter、Youtube、 Google+、Pinterest、Instagramまたはビジネスパートナー等のソーシャルメディアネットワークからのプラグインを使用することができます。ウェブサイトのデフォルト設定では、プラグインは無効化されています。それゆえ、ユーザーは、それらをいつ有効にするのか選択することができます。ユーザーがプラグインを有効にする場合、ソーシャルメディアプロバイダーは、ユーザーのウェブサイトの訪問中にユーザーとの直接的な接続を確立することができ、ユーザーの訪問を認識し、それぞれの情報を分析することができます。その後の個人データの処理は、プロバイダーの責任で、かつそのデータ保護方針に従ってなされるものとします。それぞれのソーシャルメディアプロバイダーは、いかなる情報もシュロニガーに開示しないものとします。

7. ビジネスパートナー、訪問者およびパートナーの権利

ビジネスパートナー、訪問者およびパートナーを含む影響を受ける個人は、自己に関するデータが処理されているかどうかについてシュロニガーからの情報を要請することができます。さらに、ビジネスパートナー、訪問者およびパートナーを含む影響を受ける個人は、自己に関する個人データの訂正、破壊または制限を要請し、個人データの処理に異議を唱える権利を有する。個人データの処理が同意に基づく場合、影響を受ける個人は、いつでも同意を撤回することができます。EUおよびEEA諸国において、影響を受ける個人は、特定の場合、オンラインサービスの利用中に生み出されるデータをさらなる使用および移転が可能な構造化された一般的かつ機械可読フォーマットで取得する権利を有します。この点において、要請は、担当者に提出されるものとします。(上記パラグラフ1を参照) シュロニガーは、適用法に従い、影響を受ける個人の権利を制限する権利を留保します。たとえば、包括的な情報を開示せず、また、データを削除しない権利を留保します。 

シュロニガーが影響を受ける個人にとって法的効力を有し、または類似の方法によりそれに重大な影響を与える特定の個人に関して自動的な決定を行う場合、影響を受ける個人は、適用法に従い、シュロニガーの管理者に連絡し、決定の再考を要請し、または管理者による事前評価を要請する権利を有します。この場合、影響を受ける個人は、もはや特定の自動サービスを利用することができないことがあります。個人は、その後または事前に別途その旨を通知されるものとします。
また、影響を受ける個人は、管轄権を有するデータ保護当局に苦情を申し立てることができます。

8. プライバシー宣言の変更

シュロニガーは、いつでも、かつ事前通知または予告なくして、本プライバシー宣言を修正する権限を有し、都度ウェブサイトに基づく最新版が適用されるものとします。
プライバシー宣言がビジネスパートナーおよびパートナーとの契約の一部を構成する場合、シュロニガーは、電子メールまたは適切な他の方法により、更新または修正についてそれらに通知することができます。修正は、通知から30日以内に異議が唱えられない場合、受諾されたとみなされるものとします。異議が唱えられた場合、シュロニガーは、例外的に、かつ即時の効力をもって契約を自由に解除することができるものとします。

具体的規定

下記の規定は、シュロニガーの特定の活動のために、一般部分の規定を補足するものです。矛盾が生じた場合、下記の規定が一般部分の規定に優先するものとします。 

1. 顧客サービス

シュロニガーは、注文、配送、設置、取付け、較正、受入(FAT(工場受入試験)またはSAT(現地受入試験))、保証請求、サービスおよびサポート、管理およびメンテナンス、さらなる問い合わせまたは情報資料(ニュースレター、製品情報、マニュアル、イベント等)の移転から生じるか、これに関連する義務を履行するために個人データを処理します。個人データは、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等を含むが、それに限定されません。個人データは、必要または合理的な範囲内においてのみ処理されるものとします。個人データは、社内の顧客関係管理システム内に保存されるものとし、製品、顧客および品質管理の目的を果たす。第三者への個人データの移転は、望ましいサービスを提供するために必要または合理的な場合のみ要求されることがあります。「第三者」という用語は、ディストリビューターもしくは事業の管理的および技術的な人員またはシュロニガーのサービスパートナーを含みますが、それに限定されません。意図される目的以外のための個人データの使用または処理は、適用される強行規定を遵守し、またはデータ主体の同意を得た場合にのみ行われます。

2. ニュースレターおよびバナー広告

シュロニガーは、その製品およびサービスに関連するニュースレターまたは他の商用通信をビジネスパートナーに送信することができます。適用法に従い、シュロニガーは、既存顧客およびビジネスパートナーの事前同意なくして送信する権利を留保します。それ以外の場合、シュロニガーは、ビジネスパートナーの事前要請があった場合のみ当該通信を送信します(たとえば、ウェブサイトアカウントを通じたニュースレターのオプトイン)。ただし、それぞれの顧客およびビジネスパートナーは、それぞれのウェブサイトのアカウントを通じて、またはすべてのメールに記載されるリンクを通じてニュースレターまたは他の商用通信のさらなる配信にいつでも異議を唱えることができます。ただし、1つのニュースレターの解除は、他のニュースレターの解除を伴わないことがあります。
個人向けの広告がウェブサイトの訪問中に掲載されることがあります。ビジネスパートナーに表示されるすべてのバナー広告は、ビジネスパートナーが以前閲覧したウェブサイト上で提供される製品を含みます。広告は、Cookieを用いてシュロニガーが作成します。(上記セクションIパラグラフ6を参照)